10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「決断力」

2009/11/06
組織の中が今いち上手くいっていないとき、
その原因のなかで一番良くある例のひとつは、
「結局、経営者が決断をしない」
「結局、組織が何を目指したいのか方向性がみえない」

というパターン。

変革しなきゃ、という機運が高まっても、
結局「何をどう変えたいのか」「どこに行きたいのか」
という明確な方向性の決断がなければ、
何も始まらないわけです。

リーダーの「決断力」が、ここでは大事になります。

でも、どんな「決断力」が重要になるのでしょうか?


Not between 'Right' or 'Wrong'
But between 'Easy' and 'Hard'


「多くのリーダーは、正しい決断ができる(何が正しいか、正しくないかは大体分かるものである)。でも、多くのリーダーは、 安易(Easy)な決断をし、難しい決断(hard decision)をしない」
- Bill Conway (カーライルグループ創立者)

何か新しい成長を遂げようとするとき。
現状を打破して、組織をヘンカクしようとするとき。

大事なのは、安易な結論(Easy decision)に逃げないこと。

リーダーシップとは、
そういうところで、真価を問われるものではないでしょうか。

↓「ヘンカクデザイナー」としての活動、ChangeWAVEのウェブサイトはこちら
ChangeWAVE website










スポンサーサイト
06:31 企業ヘンカク | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。