10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

大きな船の舵を取るということ

2009/12/06
大きな企業の経営者の方と、
1対1でお目にかかると、

大きな船の舵を握る方が
誰しも直面する難しさを

改めて感じることがあります。



「経営者になると、どうしても限られた情報しか入ってこなくなる。
 ともすれば裸の王様になる
 
だからこそ、社内外にどれだけ個人的な情報源をもっているかが大事。
 アポなしでふらっと社長室に入ってくるような奴が、実は極めて重要なのだ



「自分が何か提案すると、大概それは素晴らしい、という話になる。
 でも、本当にそうなのか。 
大きな決断をする前に、客観的な意見がほしい。」



「今本当は何が起きているのか」
をちゃんと理解し、
その背景にある本質を見抜き、
迅速に正しい判断をすること。



大きな組織になればなるほど、
情報が入りにくくなり、

ものごとが複雑に絡んでいるにも関わらず
断片的に報告があがってくるために
本質が見抜きにくくなる。


とある老練の大企業経営者は、
最後にこう
私に教えてくださいました。


「経営者に必要なのは、
 信頼できる情報源をもつこと、
 鋭敏な数字の感覚をもつこと
 そして、本質を見抜く力を持つことだ。」



経営者に限らず

大きな組織のマネジメントを行うリーダーは誰しも

その3つの力を

常に問われているのかも知れませんね。




スポンサーサイト
09:42 企業ヘンカク | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
Re: 3つの力
> 初めまして。
>
>  この3つの能力とは、この世界で永きにわたる歴史や様々な経験から培われてできた言葉ですね。
> いつの時代にも即応するものだと思っております。
>  自分自身、このほど30代半ばで、志を共有する友人と小さな会社を立ち上げました。今後の不安を経営理念という推進力を保つため、日々勉強中です。
>  お忙しいとは思いますが、今後、こちらのブログや「チェンジウェーブ」の活動も参考にさせていただきたいと思います。陰ながら応援しておりますよ。v-218

初めまして。
コメントありがとうございます。
そして、暖かい応援のお言葉、心に沁みます。ありがとうございました。
このブログや、チェンジウェーブの活動が、
何らかの形でお力になれたら嬉しいです。

今後ともよろしくお願します!



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。