10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ゴールをどこに設定するか

2009/11/11
最近改めて思うのは、
「結局ゴールをどう設定するか」
が極めて重要だということ。


例えば、「経営方針」。
例えば、「ヘンカクで何を目指すのか」。
例えば、「自分の人生の目標を何に置くか」。

これが、シンプルで、分かり易くて、具体的で、明確であればあるほど、実際に実現する可能性が格段に高くなる。


できれば「意外性」や「感情に訴えるドラマ性」
があったりすると、更にエンジンがかかる。


例えば、「月に人間を歩かせて、無事に返すんだ!!」とか。
(JFKのアポロ計画の「目標」)

例えば、「世界中の人の体内に入る水分のX%のシェアを取る!」
とか(確か、某飲料水メーカーが、清涼飲料水だけでなく、お茶や水にも参入しようとしたときの経営方針)。

私もそうですが、

「曖昧」で「通り一遍」だと
何を目指しているかわからなくなるし
記憶に残らない。

記憶に残らないと、
必死に頑張ろうと思えない。

曖昧にしていると、
具体的にどう動いていいかを決めきれないまま
何となく流してしまう。


ゴールをちゃんと設定すること。

例えば山に登るときも、

ちゃんと「山頂」が明確に見えていて、
頂上についたときの素晴らしい景色やすんだ空気、達成感が想像できて、
それがとてもエキサイティングだとしたら、

それを目指して、どんなに辛くても、どんな障害があったとしても
なんとか乗り越えて、頑張ってあそこまで登るんだ、、、

なんて、、不思議と思えるものですよね。

ゴールをちゃんと設定すること。

ヘンカクだけでなく、
自分自身の生き方についても、
そんな風に、ちゃんと拘っていきたいものです。








スポンサーサイト
07:06 企業ヘンカク | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。