10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「線表」をひいてみる

2009/11/23
私の能天気な78歳の父は、
未だに現役で、なんと企業向けに講演会をやる
個人コンサルタントをしております。

名古屋に住んでいながら、
一人で東京や静岡に出張したりして
飛び回っております。

60代の頃はワープロを人差し指で打っていた父ですが、
今やパソコンを駆使し、インターネットで資料を調べ、
携帯メールで娘に連絡をしてくる父。

父が言うには、前の会社を定年退職するときに、

「100歳まで生きると決めて、逆算して、
 70歳までに何ができているようになる、80歳までに何をする」


というのを決めたのだそうです。


「具体的なゴールから逆算して、
『いつまでに何ができていないといけないか』を示す、線表を引いてみる」


もちろん、締め切り日付と責任者の名前付きで。

これを、ちゃんとやるかやらないかは、
ヘンカクでも、
人生設計でも、
大きく結果に差が出るように思います。

当たり前のことのようですが、
実はここが、曖昧になっていることが極めて多いような気がします。

ちゃんと、具体的な線表をひいてみること。

その過程で、

どこからどこまでは、
どれくらい速く走らなきゃならないかも分かるし、

誰のサポートがいつまでに必要か、というのも見えてくる。

周りの人々と一緒にやるプロジェクトであれば、
線表そのものが、重要なコミュニケーションツールにもなります。

ちなみに、線表を作るときに大事なのは、

『期待成果』を書くこと。

つまり、

「××会議をやる」
「○○スクールに通う」

ではなくて、

「×日までに××が決定されている」
「×月までに○○をマスターしている」
という

「こうなっていたい状態」
を書く。


なぜなら、

ただ漫然と会議をやるだけでは、物事は決まらないし、
ただ学校にいくだけでは、物事はマスターできないから。

何のための会議なのか。
何のために学校にいっているのか。

明確に分かっているだけで、随分違いますよね。





20:15 企業ヘンカク | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。